<< <名古屋ひき逃げ>運転の男を手配 危険運転致死容疑など(毎日新聞) | main | 漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い−海保(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


木嶋被告、不審死疑惑表面化後は詐欺容疑を否認(読売新聞)

 東京都千代田区、会社員大出嘉之(おおいでよしゆき)さん(当時41歳)を殺害したとして殺人容疑で逮捕された住所不定、無職木嶋佳苗(きじまかなえ)被告(35)(詐欺罪などで起訴)は昨年10月に不審死の疑惑が表面化し、それまで認めていた詐欺容疑について否認に転じていたことが、捜査関係者への取材で分かった。

 詐欺容疑を認めていた頃、逮捕直前まで同居していた男性に「早く戻りたい」と手紙を送ってもいた。

 木嶋被告は昨年9月25日、詐欺容疑で最初に逮捕された。不審死の疑惑が明らかになるまでの約1か月間に、詐欺・詐欺未遂容疑で計3回逮捕されていた。

 捜査関係者によると、木嶋被告はこれらの詐欺などの容疑について、「金をだまし取るつもりで男性に近づいた」と認める供述をしたという。捜査員が、生活費がなくなる時期に結婚詐欺事件を起こしていたとみて追及すると、「カードの決済に使った」などと話した。

 10月下旬には、逮捕直前まで同居していた千葉県の男性に「早く戻りたい。あなたが心の支え」など手紙を書いている。

 しかし、木嶋被告の周辺で複数の男性が不審死した疑惑が報道されると一変。当初は認めた詐欺や詐欺未遂などの容疑をすべて否認するようになった。この頃、弁護士が交代している。

丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
政治とカネ、普天間で質疑=参院代表質問(時事通信)
小沢氏、資産報告書に貸付金4億円の記載なし(読売新聞)
子ども手当満額、可能性探る…野田財務副大臣(読売新聞)
ハイチ大地震 弟亡くした男性、授業で惨状報告 「住民を勇気づけて」(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 11:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
競馬情報
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    カナ (08/30)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    みっくみく (08/28)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    桃医 (01/08)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    サキューン (12/30)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    ナーマソフト (12/25)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    まろまゆ (12/20)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    パイン (12/13)
  • 郵便不正 「証明書受け取ってない」団体発起人が証言(産経新聞)
    夜沢課長 (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM